ホームにもどる
基礎自治体 世田谷区 が一つ見つかりました。

ホーム東京都自治体一覧東京都統合 世田谷区A4印刷 or CSVをダウンロード

No.131121 東京都 世田谷区
とうきょうと せたがやく


※掲載データは2018年度調査(確定)です。
世田谷区 関連ニュース
★ 世田谷区の関連ニュースをお寄せください。
  • 休校の継続 子供の不安最小限…(2020年04月03日22時20分)
  • 学校再開どうなる?都内の区市…(2020年04月03日22時18分)
  • 都立校は新学期はオンライン授…(2020年04月03日17時14分)

  • GIGA HUB WEB 経年グラフ 東京都世田谷区
    世田谷区+「休校」の検索(Google)
    世田谷区+「学校」の検索(Google)
    世田谷区+「学校」+「ICT」の検索(Google)
    世田谷区+「プログラミング教育」の検索(Google)


    学校数
    90校(32位)
    児童生徒数
    47,182
    (24位)
    教員数
    2,541
    (31位)
    うち授業担当
    2,204
    (31位)
    教員1人あたり
    児童生徒数 21
    普通教室数
    1499
    (30位)
    1教室あたり
    児童生徒数 31
    世田谷区 教育ICT指標/財政等
    1,609 学習用PC一台あたりの児童生徒数順位(全国1738中)
    34.09
    偏差値(全体):学習用PC一台あたりの児童生徒数 最高値を70未満とした偏差値。
    そのため最低値はマイナスとなる。
    45.39 偏差値(大規模 37 団体): 児童生徒数30,000-50,000人
    11.45 人 学習用PC一台あたりの児童生徒数(総台数:4120台)
    6.84 人 教育用PC一台あたりの児童生徒数(総台数:6896台)
    普通交付税の交付額 (不交付団体)- 億円(-位)
    0.73 (413位)
    財政力指数 【財政力指数】基準財政収入額を基準財政
    需要額で除して得た数値の過去3年間の平
    均値。財政力指数が高いほど、普通交付税
    算定上の留保財源が大きいことになり、財
    源に余裕があるといえる。
    (総務省「指標の見方」より)
    79.3
    経常収支比率 【経常収支比率】地方税、普通交付税のよ
    うに使途が特定されておらず、毎年度経常
    的に収入される一般財源(経常一般財源)
    のうち、人件費、扶助費、公債費のように
    毎年度経常的に支出される経費(経常的経
    費)に充当されたものが占める割合。
    -3.8
    実質公債費比率 【実質公債費比率】当該地方公共団体の一
    般会計等が負担する元利償還金及び準元利
    償還金の標準財政規模に対する比率の過去
    3年間の平均値で、借入金(地方債)の返
    済額及びこれに準じる額の大きさを指標化
    し、資金繰りの程度を表す指標のこと。
    「地方公共団体の財政の健全化に関する法
    律」における早期健全化基準については、
    市町村・都道府県とも25%とし、財政再
    生基準については、市町村・都道府県とも
    35%としている。
    0
    将来負担比率 【将来負担比率】地方公社や損失補償を行
    っている出資法人等に係るものも含め、当
    該地方公共団体の一般会計等が将来負担す
    べき実質的な負債の標準財政規模に対する
    比率のこと。地方公共団体の一般会計等の
    借入金(地方債)や将来支払っていく可能
    性のある負担等の現時点での残高を指標化
    し、将来財政を圧迫する可能性の度合いを
    示す指標ともいえる。
    100.7
    ラスパイレス指数 【ラスパイレス指数】国家公務員行政職俸給
    表(一)の適用者の俸給月額を100とした
    場合の地方公務員一般行政職の給与水準。

    世田谷区 小/中/義務教育学校の基礎情報
    小学校指標項目中学校義務教育
    61校学校数29校-校
    36617人児童生徒数 10565人 -人
    1562人授業担当教員数 642人 -人
    23.44人教員一人あたりの児童生徒数 16.46人 -人
    1163室普通教室数 336室 -室
    31.48人1教室あたりの児童生徒数 31.44人 -人
    世田谷区 小/中/義務教育学校のICT指標
    2,785台
    学習者用PC台数 実際にPCを使用(稼働)しているかは不明である。
    1,335台 0台
    13.15人/台
    (1634位)
    学習者用PC1台あたりの児童数 7.91人/台
    (1327位)
    -人/台
    2.39台1教室あたりのPC台数 3.97台 -台
    4,839台教育用PC台数 2,057台 0台
    7.57人/台教育用PC1台あたりの児童数 5.14人/台 -人/台
    92.78% 普通教室の大型提示装置整備率 66.96% 0%
    92.95% 普通教室のLAN整備率 66.07% 0%
    26.66%
    普通教室のWi-Fi整備率 無線LANを同時利用できる台数等は不明である。
    たとえば、30名教室で同時使用は5台までの性能
    の無線LAN設備だけで「100%」ならば、一人1台の
    場合、無線LAN設備の再整備が必要となるだろう。
    22.62% 0%
    100%インターネット光接続率 100% 0%
    100%インターネット30Mbps以上接続率 96.55% 0%
    100%インターネット100Mbps以上接続率 93.1% 0%
    110.2%校務用PC整備率 108.3% 0%
    100%校務支援システム整備率 100% 0%
    100%統合型校務支援システム整備率 100% 0%
    100%指導者用デジタル教科書整備率 100% 0%
    95.08%教育情報セキュリティポリシー策定率 96.55% 0%
    世田谷区 ICT指数レーダーチャート

    (1)学習用PC 1台あたりの児童生徒数(全体)
    (2)学習用PC 1台あたりの児童生徒数(規模別)
    (3)教育用PC 1台あたりの児童生徒数(規模別)
    (4)学習用PC 1台あたりの児童生徒数(小学校/規模別)
    (5)学習用PC 1台あたりの児童生徒数(中学校/規模別)
    (6)無線LAN整備率(小学校)
    (7)無線LAN整備率(中学校)
    (8)インターネット100Mbps以上接続率(小学校)
    (9)インターネット100Mbps以上接続率(中学校)
    (10)統合型校務支援システム整備率(小学校)

    ICT CONNECT21
    GIGA HUB WEB 経年グラフ 東京都世田谷区


    全国の指数
    学習用PC 1台あたりの
    児童生徒数
    【最小値】福島県浪江町 0.135 人/台
    【最高値】愛知県大治町 26.809 人/台
    【平均値】5.95 人/台
    教育用PC 1台あたりの
    児童生徒数
    【最小値】福島県浪江町 0.067 人/台
    【最高値】埼玉県狭山市 15.830 人/台
    【平均値】4.849 人/台
    PC一人1台整備する場合の
    不足台数
    【最小値】佐賀県武雄市 -639 台
    【最高値】神奈川県横浜市 224,051 台
    【平均値】4,587 台/自治体

    3人で1台の場合
    不足台数
    11,922 台
    必要経費
    \536,484,600
    1人1台の場合
    不足台数
    43,062
    必要経費
    \1,937,790,000

    ※1台\45,000

    ※2015年
    人口
    903,346 人
    (14位)
    昼間人口
    856,870 人
    5年の増減
    26,208 人
    平均年齢
    44.57歳
    (1544位)
    15歳未満割合
    11.35%
    (1063位)
    65歳以上割合
    21.58%
    (1636位)
    外国籍割合
    1.8%
    世帯数
    463,632
    核家族
    217,568
    単身
    231,289
    就業者
    情報通信業
    32,132 人
    (5位)
    教育・学習
    18,372 人
    (17位)
    第1次産業
    0.41%
    (1693位)
    第2次産業
    12.99%
    (1652位)
    第3次産業
    86.6%
    (16位)


    ホーム東京都 > 世田谷区
    基礎自治体 世田谷区 が一つ見つかりました。

    2020.1.11 基礎自治体 教育ICT指数サーチ
    システム:芳賀 高洋-岐阜聖徳学園大学
    Special Thanks: 河合 琢也