[センタートップ] [研究紀要] [フレンドシップ活動] [研修会情報] [お問合せ]


[紀要ニュース] [過去の紀要] [投稿規約] [原稿テンプレート] [原稿提出] [申込情報変更/取消] [申込画面]

岐阜聖徳学園大学教育実践科学研究センター紀要投稿細則

教育実践科学研究センター紀要投稿細則

1.目  的

 この細則は、教育実践科学研究センター規程第3条に基づき、紀要への投稿に関する必要事項を定めることを目的とする。

2.投稿資格

 本誌への投稿資格は、本学教員、本センター研究部員、協力研究員、本学卒業生、教育関係者、学外研究者とする。ただし、編集委員会が必要と認めた場合には、上記以外にも投稿を認めることができる。

3.原稿の採否

 原稿の採否は、編集委員会の審査(論文は、編集委員会の依頼する査読者による査読を経るものとする)により決定し、筆頭著者に通知する。なお、審査結果に応じて原稿の書き直しを求める場合がある。

4.原稿の種類

 原稿の種類は、教育実践研究、教育学に関する論文等とする(いずれも未発表のものに限る)。

5.用紙ならびに原稿規定

    (1)用紙は、原則としてA4サイズとする。
    (2)書式は、字数45字(英文の場合は90字)×48行(余白は上下左右25弌砲箸垢襦
    (3)原稿は、横書きを原則とするが、教科目及び研究専門分野の特性により縦書きも可とする。
    (4)執筆枚数は、A4サイズで10枚以内とするが投稿規定を送付する折に、別途指示をする。
    (5)和文原稿には、英文のタイトルと研究者名を付記する。英文原稿には、和文のタイトルと研究者名を付記する。
    (6)和文論文を投稿する場合、200語以内の英文抄録とキーワードを英文にて5つ以内で付ける。それ以外の和文原稿には、キーワードのみ和文にて5つ以内で付ける。英文原稿には、200語以内の和文抄録とキーワードを英文にて5つ以内で付ける。
    (7)投稿に際しては、電子媒体原稿を、本学の「教育実践科学研究センターウェブサイト」から提出するものとする。なお、電子媒体の提出に際しては、文書作成ソフト名(例:ワード、一太郎)を明記すること。

6.執筆規定

    (1)表紙:原稿の表紙には表題、執筆者名、所属を記入する。
    (2)書体、数字、単位:書体はMS明朝、横書き、新仮名づかいとする。数字はアラビア数字とし、単位は(例), , , mL, L, sec, ℃等、国際標準単位(SI単位)に準拠する。ただし、国語科に関する原稿は、縦書きも可とし、数字も漢数字を使用してもよい。
    (3)図表:原則として図表は、文中に挿入する。ただし、文中への挿入が不可能な場合には、挿入箇所を原稿右側欄外に朱書きして指定する。
    (4)文献:文献は、引用順に整理して本文の最後に次の形式で明示する。

      〇┿錙著者名(西暦発行年):表題,雑誌名,巻(号),頁-頁.
      (例)
      1)聖徳花子(1999):学習の自立をめざす自主学習教材開発への試み機て表餡奮悄43(1),234-241.
      2)Shotoku, T., Takakuwa, H., and Hashima, H..(2001): Training for Practical Teaching Skills and Qualities. The Annals of Gifu Shotoku Gakuen University, 41(3), 234-246.
       ※欧文文献の著者名は姓を先に、名(頭文字のみ)を後に書き、最後の著者の前に andを入れる。

      著書:著者名(西暦発行年):論題,「書名」(編著者名),発行所,発行地,頁−頁.
      (例)
      1)岐阜太郎(1997):「○○科教育の将来」,羽島出版,岐阜,55-68.
      2)柳津高子(2000):○○教育の歴史,「○○の研究」(山田次郎編),高桑出版,岐阜,123-135.

      L本:著者名(西暦発行年):書名(訳者名),発行所,発行地,頁−頁.
      (例)
      1)Napoleon, Y.(2001):「児童の○○教育研究」(聖徳太郎訳),日本文化科学社,東京,11-46.

    7.校 正

     校正は、原則として初稿に限り執筆者が行う。再校以降の校正は編集委員会で行う。 なお、校正は、誤植の訂正にとどめ追加変更は認めない。

    8.別 刷

     原則として別刷は、印刷、配布しない。投稿者には、紀要を3部配布し、別刷りの代わりとする。ただし、別刷りが必要な場合には、実費を投稿者が負担し印刷するものとする。

    9.締め切り・刊行

     原稿の締切りは、論文の場合は9月末日、それ以外の原稿は10月15日(休日の場合は翌日)とする。  紀要の刊行は、2月末日とする。

    10. 個人情報の取り扱い

     投稿にあたっては、個人情報の保護に十分配慮すること。

    11. デジタル保存

     掲載論文をデジタル化し、保存する。

    12. 掲載論文のネットワーク上での公開

     掲載論文の公開については、投稿をもって公開に同意したものとする。

    13. 著作権

     掲載論文の著作権は、著者が所有するものとする。

    14.原稿送付先と連絡先

    <附  則>

      1.本規定はセンター運営委員会の決議により改廃することができる。
      2.本規定は平成13年10月 3日より施行する。
      3.本規定は平成14年 6月 5日より施行する。
      4.本規定は平成17年10月 1日より施行する。
      5.本規定は平成24年 4月 1日より施行する。
      6.本規定は平成30年 4月 1日より施行する。
      7.本規定は平成31年 4月 1日より施行する。

[紀要ニュース] [過去の紀要] [投稿規約] [原稿テンプレート] [原稿提出] [申込情報変更/取消] [申込画面]
[センタートップ] [研究紀要] [フレンドシップ活動] [研修会情報] [お問合せ]
[プライバシーポリシー]

〒501-6194 岐阜県岐阜市柳津町高桑西1-1 岐阜聖徳学園大学教育実習課
[スタッフ]